東海大学病院

病理診断について
病理診断とは、人体から得られた臓器、組織、細胞、遺伝子を用いて光学的に観察できる標本を作製し、それを顕微鏡下において観察する事により得られた病変の種類、程度から治療方針等を決定するための医療行為です。

HOME»病理診断学

当科の特徴

当教室の特色はスタッフ一人一人が自分の専門分野に関わる研究テーマを持つことにあります。各自の得意な分野に研究テーマ(研究チーム)を作り、教室が研究チームをバックアップしています。

研究チームはスタッフのほか当教室に所属する東海大学奨励研究員と研究員、大学院生(博士課程、修士課程)からなります。
さらに臨床各科と他大学からの研究生を受け入れています。

それぞれの研究チームは「研究ユニット」として東海大学医学部に登録され、伊勢原キャンパス教育・研究支援センターの協力を得ることが出来ます。当教室には現在、人体病理学、実験病理学について下記の分野に研究チームがあります。

リンパ腫、婦人科腫瘍、内分泌腫瘍、乳腺腫瘍、肺腫瘍、膵腫瘍、酸化ストレス