東海大学病院

病理診断について
病理診断とは、人体から得られた臓器、組織、細胞、遺伝子を用いて光学的に観察できる標本を作製し、それを顕微鏡下において観察する事により得られた病変の種類、程度から治療方針等を決定するための医療行為です。

HOME»研究

研究

日本人の進行性胃腺癌又は食道胃接合部腺癌患者におけるPD-L1の陽性割合、高頻度マイクロサテライト不安定性及びEBウイルス感染割合を評価する多施設共同後ろ向き観察研究(18R-142)

甲状腺癌におけるBRAF変異現解析の診断への応用(18R-144)

口腔咽頭に発生したメトトレキサート関連リンパ増殖性疾患の臨床病理学的、免疫組織学的および遺伝子学的研究(18R-166)

病理組織標本作製処理条件における免疫組織化学染色および遺伝子検索の基礎検討(18R-239)

日本の血管内血栓吸引検体における親水性重合体(Hydrophilic Polymer)の測定(18R-269)

口腔咽頭に発生したメトトレキサート関連リンパ増殖性疾患の臨床病理学的、免疫組織学的および遺伝子学的研究(18R-166)

転座型B細胞リンパ腫の免疫組織化学および遺伝子学的研究(18R-268)

膵癌に対する化学放射腺療法の病理組織学的評価に関する多施設共同研究(16R-273)

線虫と匂い分析を用いた消化器癌・口腔癌の新規診断法の開発(17R-090)

膵腫瘍における薬剤排泄及び糖鎖関連分子の発現と臨床病理学的検討(17R-220)

胆膵腫瘍における形態的・分子病理学的検討(17R-275)

早期膵癌、前癌病変の画像診断学・臨床病理学・分子生物学上の特徴の解析―多施設協同研究―(18R-265)

唾液腺腫瘍におけるTyrosine Kinase receptorfamiliesとligandsの発現と機能の解析(16R-125)